top of page
  • 執筆者の写真美千代  謡三昧。日々喜々。

教室だより~阿智村園原教室~

5月19日に今年度の教室が始まりました。

冬季は公民館を使用したので、約半年ぶりに園原能舞台へ💨。


生憎の雨でしたが、山々の新緑に包まれ、気持ちもスッキリ。

今年は、謡「猩々」から。

能の世界を知って頂くため、猩々の面(おもて)も見て頂きながらのお稽古。


猩々という化物が、尽きない酒を飲みながら楽しく舞い謡う、おめでたい曲です。


自然豊かな能舞台で謡うと、また格別ですね。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page