• 美千代  謡三昧。日々喜々。

羽衣をめぐる天女と白龍の攻防・・能「羽衣」奮闘中



「いや疑いは人間にあり。天に偽りなきものを。」


羽衣は返さないと言い張る白龍に言い放っ天人の一言。


能「羽衣」の天人はきっぱりしているんです。




羽衣を持ち去られたと知ると、

みるみる瀕死の状態に弱っていきながら、、



だって羽衣を返したら約束を破ってすぐ帰っちゃうんだろう??

と疑われると、

冒頭の言葉を毅然と言い放つ。


水浴びしていた上半身裸のままで(!?)


そして羽衣をまとい、

嬉々として舞を舞い、優雅に天上に戻っていく。


つらい想いをしている人間のために舞いましょう、、、て。



どこまでも美しく、純粋で、きっぱりしているのです。



そんな天人を演ずる難しさに、

いつもぐずぐず悩みがちな私めは

四苦八苦の日々なのです。



きっぱりした声、

たおやかな手の動き、

滑るようなハコビ


う~~


気持ちを強く持って

力を抜いて(これが一番難しい)

頑張ります!


ー-----

第230回坂井同門会

6月14日午後4時開演

宝生能楽堂


見に来て頂けるかたは

本ホームページお問合せ欄より

ご連絡願います!

ー-----


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示