top of page
  • 執筆者の写真美千代  謡三昧。日々喜々。

能「経正」のシテを努めます~その壱~

6月13日 

坂井同門会で、能「経正」のシテを務めさせて頂きます。


経正は、

平清盛の弟 経盛の長男。

幼少の頃より管絃や歌を好み、中でも琵琶の名手として知られています。

能「経正」では、

生前親しかった僧が一ノ谷の合戦で討死した経正を慰める管絃講 (法事)を催すと

喜んだ経正の霊が現れ、

生前愛した琵琶の名器「青山」を弾き舞を舞います。


が、突然修羅の苦患に苛まれ。。。

灯火の下 その姿を見られたことを恥じた霊は

自ら火を消して姿を消します。


風雅を愛した公達の舞いと、

平家の武将として修羅に落ちた苦しみの両面が表現された名曲。


稽古も佳境に入りました。

庭の藤も大きくなりました。。


水道橋の宝生能楽堂で16時開演です。


閲覧数:10回0件のコメント

Comentários


bottom of page