• 美千代  謡三昧。日々喜々。

能にみられる前世の因縁とは・・


能「蝉丸」で、生まれつき盲目の蝉丸は父帝により逢坂山に捨てられます。


命じられた臣下は帝の仕打ちを悔しがりますが、


蝉丸は、

盲目となったのは前世の因縁だから

この仕打ちは、前世の罪を清算し

来世を救済しようとする親の慈悲だ

とたしなめます。


このように、能のお話では、

身に生じた悪いことは前世の因縁だと考える(言い聞かせる?)

場面が多くみられます。


そんな話を生徒さんとしていたところ


彼女の弁

「そう考えると楽なんですよ」


・・・・なるほど、確かに。


今の状況を、自分のせいだ、他人のせいだ、世の中のせいだ

と思いめぐらすより、前世の因縁だと割り切り(?)

今をどう生きていくかを考える方が生きやすいかもしれない。


特に能の多くの曲がつくられた600年以上前。

現代より、生い立ちなどに左右され、

自分の力ではどうしようもない物事が多かった時代。

あきらめとも取れますが、生きる知恵でもあったかもしれませんね。



先日、能「江口」の地謡を務めさせて頂きました。


仏の教えが盛り込まれた詞章が胸に響く曲ですが


僧の夢に出てきた江口の霊も、

この世は仮の宿だから心を留める(迷い、惜しむ)な・・と伝えます。


そんな彼女も生きているうちは、


遊女である身を哀しみ、

人の移ろいやすい心を嘆き、

自らの執着する想いに迷うのですが、、、



ことに今は思い悩むことが多い日々が続きますが、

少しでも前向きに生きるようにしたいものですね。


#江口

#蝉丸

#能

#前世

#輪廻

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示